かじかの部屋



カテゴリ:[ 趣味 ]


206件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[213] 応募作品

投稿者: 荷葉 投稿日:2017年 4月 3日(月)23時15分17秒 58x158x13x113.ap58.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

桂さん、寿典さん

私は「西陣の」の巻を含めて3点応募します。京都から沢山応募作品が集まると良いですね。
ようやく振込も終わり、明日にでもメール添付で応募するつもりです。

寿典さん、表記が正しく書かれていて安心しました。ご確認有り難うございました。








[212] 応募作品

投稿者: 寿典 投稿日:2017年 4月 3日(月)19時10分59秒 125-9-181-61.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

桂さん、荷葉さん、
ありがとうございました。
この前、奈良の連句会に行ってみたら、もりともこさんが、応募のことみなさんにお願いされてました。
私は、この作品ともう一つ出します。それから、連中の方や捌きの方が出して下さるのが、他に3つあります。

荷葉さん、
ありがとうございます。今、確かめたら応募するのは、正しく書いていました。
あ~よかった!!

寿典



[211] 「帷子ノ辻」

投稿者: 荷葉 投稿日:2017年 4月 3日(月)11時12分44秒 pincha.kyoto-su.ac.jp  通報   返信・引用

寿典さん

名残表、ずいぶん艶めかしくなりましたね。校合ありがとうございました。

名残裏二ですが、「琉球舞始まる」ではなく「琉舞始まる」です。まだご応募されてなければ良いのですが。どうぞよろしくお願いします。






[210] 校合

投稿者: 投稿日:2017年 4月 2日(日)22時54分32秒 FL1-118-111-168-106.kyt.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

寿典さん、お世話をおかけしました。ありがとうございました。
いよいよ応募ですね。これの他にも出されるのがあるのでしょうか?
奈良の人が、集まりを心配しておられたので、ついお聞きしてしまいます。
こちらは応募を済ませば、やれやれですけど、あちらは、これからが大変ですね。
小人数で頑張っておられるようです。








[209] 応募作品

投稿者: 寿典 投稿日:2017年 4月 2日(日)15時31分11秒 125-9-181-61.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

桂さま
二十韻「初御空」の巻、校合して頂いて、
一段と良い作品になりました。
15句め、山々→霊山にして頂いて深みのある句になりました。
よく転がって、素材も色々なものが出ています。
ありがとうございます。

「帷子ノ辻」も校合致しまして、次のようにしました。
これで、応募させていただきます。よろしくお願い致します。
名残表をだいぶ変えています。名残表3,4は、他の案を取らせて頂きました。
名残表5だけ、全く変えてしまいました。荷葉さん、お許しくださいませ。


二十韻「帷子ノ辻」
             捌  三原寿典
夕風の帷子ノ辻秋初め       三原 寿典   初秋
 月の出待てば遠く琵琶の音      井尻 荷葉   初秋
到来の自然薯湿る土つけて     齋藤 桂      三秋
 万年筆で礼状を書く            寿典

三毛猫の身じろぎもせず棚の上       荷葉
   独り暮らしは自由気ままに        桂
未練なくマザコン野郎捨て去りし       寿典
   名残の空は薄縹色                         荷葉   仲冬
塀越しに寒念仏の声低く           桂    晩冬
 登校の児の神妙な貌            寿典

交差点突っ切っていく暴走車      桂
 セーヌの岸辺またテロかしら      荷葉
新作のシャネルの水着お土産に       寿典   三夏
 籐の揺り椅子月光を浴び        桂     三夏
今日はもう帰さないよと愛撫され     荷葉
 画集開けば美しき枕絵           寿典

恙なき白寿の翁囲みいて                 桂
 泡盛交わし琉球舞始まる      荷葉
風立ちて憂さも散りゆく花吹雪      桂    晩春
 若駒駆ける果のなき原         寿典   三春

   起首 平成二十八年十月五日  満尾 平成二十八年十二月十二日

今回は、桂さん、荷葉さんと一緒に文音させて頂いて、勉強になりました。
ありがとうございました。また、機会がございましたら、よろしくお願い致します。

寿典



[208] 応募作品

投稿者: 投稿日:2017年 3月27日(月)10時01分27秒 FL1-118-111-168-106.kyt.mesh.ad.jp  通報   返信・引用   編集済

荷葉さん、寿典さん
 下のようにして、応募します。ご了承ください。


  二十韻「初御空」の巻     齋藤 桂 捌

発句  初御空視線をあつめ鳥一羽    齋藤 桂
    脇   なんとなくでも吉おらが春   井尻荷葉
第三  久々に母の漬物噛みしめて      三原寿典 *元句、久しぶり母の漬物ほおばりて
 四   大き食卓懐かしき椅子        桂
 五  虫の音に急かされ昇る望の月     荷葉
 六   細指折りつ秋の七草        寿典
 七  婚の日の決まりて届く新走       桂
 八   政略なれど相性は良し       荷葉
 九  身じろがぬ守宮を壁に武家屋敷    寿典 *武家屋敷壁に張り付く守宮いて
 十   原爆忌には帰省欠かさず       桂
十一  ゆるやかな磴の中程ジャズ喫茶    荷葉 *坂道の途中にあったジャズ喫茶
十二   彼女と判るハスキーボイス     寿典 *彼女の声は・・(声、をとりました)
十三    秘めしまま日毎につのる恋心      桂   *叶わぬと思えどつのる恋心
十四     子栗鼠ちょろちょろ何を求めて     荷葉      (脇・でも、 八・なれど、があり)
十五    寒月は霊山の稜際立たせ       寿典 *寒月は山々の稜際立たせ
十六   地図を展げる外つ国の宿       桂                 (ちょろちょろ・山々、を避けて)
十七    今もなお水道橋に水清く       荷葉
十八     風船売を囲む子供ら                寿典
十九  夢に見るおとぎのくには花万朶     桂   *御伽の国
挙句      炬燵塞いで開け放つ窓        荷葉

        平成二十九年一月一日 起首
             平成二十九年三月三日 満尾

二十韻は短いので、できるだけ同類のものは避けたく思います。
気にしすぎかも知れませんが、これくらいはと、手を入れさせていただきました。おゆるしを。








[207] 満尾:有り難うございました!

投稿者: 荷葉 投稿日:2017年 3月21日(火)16時08分14秒 pincha.kyoto-su.ac.jp  通報   返信・引用

桂さん

ここまで辛抱強くおつきあいいただき、お忙しい中ご丁寧な目配りをくださって、本当に感謝です。これまでは、座の雰囲気と勢いで付けていたのが、丁寧に組み上げ、織り上げていく過程を見せていただいた思いです。本当に深く豊かな文芸なんですね。とうとう「野遊び」の句を頂くことになり、申し訳ないやら有り難いやらです。もう少し見ていきますが、また何か気づかれましたらお願いいたします。

随分いろんな土地の方々と文韻を続けていらっしゃるんですね。連句を知らなかったら、一生交流することのなかった方々と、一緒に一喜一憂することができるなんて、本当に魔法のような力を持っているんだと思います。私もいつの間にか、仕事とも、家族とも、住まいとも、故郷とも関わりのない方々に出会って連句を巻くところまで連れてきて頂いていることに、何とも言えない「不思議」を感じています。

これから先、学ぶことが山積ですが、どうぞお導きくださいますようお願いいたします。少しずつでも知識を増やし、視野を広くできるようこつこつと続けていくつもりです。今回はとても素敵な経験ができました。












[206] 落ち着いたようで

投稿者: 投稿日:2017年 3月21日(火)15時01分26秒 FL1-118-111-168-106.kyt.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

荷葉さん

 これでなんとか、いけますね。ホッとしました。でもまた見つかるかも。
目配りの利かない、鈍くさいのがバレバレですね。隠しようのないボロが出てきます。
そのつもりで、お付き合いください。

名前のことは、ご心配無用です。一緒に頭をひねるのが、連句のいいところ。
ですから、私のようなものも仲間入りができたのですよ。不思議な世界です。
知識もなく出不精の私でさえ、他人様との出会いに惹かれて続いています。
荷葉さんとでも普通なら接点も無く、とても親しく出来るなんて考えられませんもの。

いつも誘われての参加ですが、ネットのおかげで他府県やアメリカ在の人達との連句も、
もう随分続いています。茨城、東京、埼玉、石川、三重、滋賀、兵庫、愛媛、アメリカ、
行ったことがなくても、できるのてすもの。
会う機会は少ないですが、いい仲間です。連句様々、しあわせです。(^^)

〆切りまで、まだ間があります。もう少し、眺めていてもいいでしよう。
何かありましたら、直しておいてください。よろしくお願いします。










[205] 有り難うございます

投稿者: 荷葉 投稿日:2017年 3月21日(火)13時40分11秒 pincha.kyoto-su.ac.jp  通報   返信・引用

桂さん

ご心配おかけしてすみません。いろいろと案じていただいて有り難うございます。昨晩の桂さんの二案は、前句に「日溜り」があったので、「永き日」と重なり、きれいに直していただいたのに残念に想っていました。

今朝のご案は、優しい雰囲気でとても良いと思います。これを頂いてもよろしいでしょうか。私も考えてみたのですが、(「楽茶碗土の匂いを運び来て」「クローバー四つ葉探しはきりもなし」など)やはり、焼き上げた陶器には土の匂いは残っていませんし、クローバーはウ五とかぶりそうなので、無理がありますね。

「野遊び」の句ですが、荷葉の名前で出させていただいて良いでしょうか。両吟なので順序が整っていたほうが良いかと思いますので。助けていただいてすみません。


二十韻「西陣の」の巻     両吟
                起首 2017. 2. 24   満尾 2017. 3. 21

発句  西陣の春を刻むや機の音    井尻荷葉  三春
   脇   孕猫寝る軒の日溜り     齋藤 桂  晩春
第三      野遊びを想いつ針を運びいて         荷葉  晩春
   四     お稽古事はすべて祖母より       桂

 五  港町ペパーミントの月涼し     荷葉  三夏
   六   籐椅子揺らし描く未来図      桂  三夏
   七  結婚は大きな賭けと知りつつも   荷葉
   八   熱砂の国へ長い手紙を       桂
   九  楔形文字に古代の暮らしあり            荷葉
   十   熱弁となる髭の先生        桂
ナオ
十一    雪見酒耳にやさしき郷ことば     桂  晩冬
十二     荒波の下海鼠が太る         荷葉  三冬
十三      恋を知りおぼこ娘のダイエット      桂
十四     あの人を待つコスモスの道      荷葉  仲秋
十五      望月に神南備の影際やかに        桂    三秋
十六       夜業のあとはきりたんぽ鍋        荷葉  晩秋
ナウ
   一    初孫は胡座の中にすっぽりと      桂
   二         レゴで作った蒸気機関車                荷葉
 三    並びたるピースサインへ花吹雪     桂  晩春
挙句   遥か高みへ駆け上がる凧        執筆      三春



[204] 愚案も

投稿者: 投稿日:2017年 3月21日(火)09時22分25秒 FL1-118-111-168-106.kyt.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

荷葉さん
 最初に頂いていた句です。

  墨摺りて春尽と書く鳥の子に・・・・楔形文字があり、取り下げでしたね
  草餅の折を開けば香りたち ・・・・これで下を、「香のたちて」とすればいけますけど。
  知恵詣肩上げの子恥じらいて・・・・オモテには神祇釈教は×です。

ただ食べ物は、たんぽ鍋がありましたし、他の物にと思われるのでしたら、

   野遊びを想いつ針を運びいて  晩春
    お稽古事はすべて祖母より
    久方ぶりに帰る故郷

思い付くままです。もうお考えでしたら、ご遠慮なく無視してください。






レンタル掲示板
206件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.