teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


http://e88.fr/

 投稿者:e88.fr  投稿日:2013年 4月19日(金)13時03分1秒
  Even though somebody doesn‘w not thank you profession long for them to help you,doesn‘w not necessarily mean people wear‘w not thank you effortlessly they may of. e88.fr http://e88.fr/

e88.fr

 
 

教育学科50周年記念行事

 投稿者:幻の門  投稿日:2012年11月 4日(日)08時26分1秒
  教育学科50周年記念行事の案内を、
文学部HPトップのイベント情報と教育学科ページのお知らせ欄に
載せてもらいました。

http://www.rikkyo.ac.jp/bun/index.html
http://www.rikkyo.ac.jp/bun/gakka/education/index.html

ふるってご参加ください。
 

クリスマスツリー

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2011年12月12日(月)23時08分0秒
  毎年のことですが、クリスマスツリーが点灯しました。
毎年のことなので、1年の立つのが早く感じます。
卒論に追われながらツリーを眺めている4年生がいるのも、毎年の風景です。
この毎年が来るのは、幸せなことだと、とりわけ今年はそう思います。
 

ホームカミングデー

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2009年10月24日(土)07時44分32秒
  10月25日(日)は、ホームカミングデー。意外に面白いかも知れません。
お気軽に母校に帰ってきてください。
年をとってくると、何かしら懐かしくなりますね。どうしてでしょう。

http://www.japan-c.co.jp/homecoming_2009/
 

いけぶくろ動物園

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2009年 7月24日(金)00時58分57秒
  野田秀樹 芸術監督就任記念プロジェクト
ユトリロユルリトotm(たにかわまいこ×立教の学生たち×近所の子どもたち×武田力produce)

『いけぶくろの動物園』
池袋に動物園ができました。
すこし変わった動物園です。ひと夏の、夜だけの、特別な動物園。さてさて、なにが見れるのでしょう?

この度、この尾鷲ヒノキ舞台[But-a-I]を東京芸術劇場前の広場に設置し、7月から9月まで野外舞台として、地域の特性を生かした
ワークショップやパフォーマンス等の発表の場として活用されます。その企画の総称が「OPEN THEATRE MUSEUM」です。

主催:東京芸術劇場、武田 力
協力:立教大学、立教大学内各サークル・団体・学生

〈本企画に関するお問い合わせ先〉
『いけぶくろの動物園』実行委員会 080-3471-4704
i.go.to.the.zoo@gmail.com ユトリロユルリト たにかわまいこ

企画趣旨
[地域によるアートの創造 → 人的・経験などを含む、新たな出会いの創出 → 地域から新たな発想・活力を産み出す]
本企画は、東京芸術劇場と立教大学の恊働のもと、芸術劇場に7月〜9月まで特設される野外ヒノキ舞台にて、大学内の多様なサークル・団体の学生たち、付近に住む子どもたちとともに、ひとつの作品を創りあげるものです。若手アーティストによる演出のもと、学生と子どもが共に自身の「好きなこと」を、作品を介し発表。学生と子どもはもちろん、地域と学生、アーティストと子ども、また地域の歴史を折り込むなど、様々なコミュニティーに繋げ、発展をさせていきます。東京芸術劇場を中心とし、アーティストと地域とでアートを創造。その中で参加者の自発的な地域とのつながりを促すきっかけを創出する。地域発信型の新しいアートの形を模索するものです。

■自身の「好きなこと」で新しいコミュニティーを作り、そこから発信をする経験。
立教大学には多種多様なサークルが存在し、非公認団体を合わせると100を超える団体が活動をしています。一般大学である立教のサークルですから、多くの学生の活動は、将来それをプロフェッショナルとして行っていくことを念頭においておらず、自身の「好きなこと」=「趣味」に近いものとして日々活動をしています。本企画では、この「好きなこと」を持ち寄り、ひとつの作品にできないか。例えば、演劇系サークルはパフォーマーとして、服飾系には衣装を創ってもらい、音楽系は生演奏を、といった具合に「好きなこと」を若手アーティストの演出のもとにヒノキ舞台に上げる。その活動によって芸術劇場が立教生にとってコミュニティー創出の場としても認識されるようになると同時に、彼らが立教を卒業し様々な地域での生活を始めるとき、主体的かつ多角的に地域と関われるようになることを目的としています。

■観客主体型による若手アーティストの社会進出を模索。
学生たちの「好きなこと」を取りまとめ、作品として昇華させていく演出家には、公園や美容院などの日々のなにげない空間を、様々なアートと絡め日常空間を新たな角度から魅せる、若手ダンスカンパニー「ユトリロユルリト」のたにかわまいこ氏を迎えます。アーティストが単に自身の作品を創り、観客に提示するという一方的な繋がりではなく、普段培っているアート性を生かし地域と作品を恊働する。アートによって参加者になにかしらの発見を与えること。その上で、アーティストではない参加者たちが開放的な野外ヒノキ舞台で発表を行うことは、観客にとっても親しみやすく、ふだん「わからない」と敬遠されがちなアートへの理解や興味へと繋がり、新しい客層を取り込むきっかけにもなり得ます。本企画は作業を共にし、参加者の内面からアートを主体的に体感してもらうことからこれまでとは異なる、観客の主体的方向性でのアートへの理解、ひいてはアーティストの社会進出を計ることにも繋がると考えます。

■東京芸術劇場を立教の学生たちにコミュニティーの場として認識させる。
本企画は上述のとおり、参加者主体でのアート創造がテーマになっておりますので、参加者の意志は最大限尊重し、作品を創ってゆきます。学生にこちらから一方的に「これを創って」ということではなく、ヒノキ舞台でやってみたいことを互いに話し合い、確認し、作品創作をして参ります。その参加者主体での活動から、学生の意識の中に「芸術劇場には表現の場がある」という認識が産まれてくればと考えます。本企画後、彼らに自分たちにも活用可能な施設として東京芸術劇場が認識されれば、多くの学部学科を持ち、豊富且つ有望な人材を抱える立教大学と、国内外で活躍するアーティストが作品を創造する東京芸術劇場のお互いの長所を生かした形で、今後さまざまな地域主体のアートが産まれてくることが期待されます。

企画概要
企画名:野田秀樹 芸術監督就任記念プロジェクト
    日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式[But-a-I]
    OPEN THEATRE MUSEUM#6 『いけぶくろの動物園』
会 場:東京芸術劇場 特設野外ヒノキ舞台
日 程:2009年8月20日(木)ゲネプロ/8月21日(金)〜8月23日(日)全3ステージ
※『いけぶくろの動物園』開園時間は18:00、パフォーマンスは18:30から、閉園は19:30程 度を予定しています。
 最終日23日に限っては、開園時間は15:30、パフォーマンスは16:00から、閉園は17:00を 予定しています。
料 金:カンパ制

参加予定アーティスト・スタッフ
 『いけぶくろの動物園』振付・演出家 : ユトリトユルリト たにかわ まいこ
 パフォーマー :            参加を希望する立教大学の学生たち
 テクニカル・スタッフ(コスチュームデザイン・楽器演奏など) :
              同じく参加を希望する立教大学の学生と付近の子どもたち
 学生運営スタッフ :大谷 雅子(文・教育4)、石橋 尚緒美(文・教育4)河野 晋平           (経済3)、山口 桂(文・教育3)、中尾 阿実(社会2)     プロデューサー : 武田 力

ユトリロユルリト主宰 : たにかわ まいこ   パフォーマー/振付家
1983年生まれ。3歳時に人の体のライン、動きの軌跡の美しさに目覚め踊りをはじめる。高校時より松本道子バレエ団に所属、公演に出演。その後、日本大学藝術学部に入学し、様々なアートに触れると同時に身体を使った作品を創り始める。コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。現在木佐貫率いるNEOに参加。公演等に出演している。初舞台にて中村橋之助に見初められ、ドラマや舞台で女優も務める。また、モデルとして、ファションショーやイベントや紙面に出演し、ジュエリーのショーでは、振り付けも担当。イタリアのヴィテルボ市のイベントなども手掛けた。
2007年春、アートユニット『ユトリロユルリト』を立ち上げ。美容室やギャラリー、野外で自ら企画製作し、作品を発表。また映像作品も制作している。2008年より、モモンガ・コンプレックスにも参加。

武田 力    アートプロデューサー/俳優
1983年生まれ。立教大学文学部教育学科を卒業後、幼稚園での勤務を経て俳優の活動を始める。その後、2008年度日本ダンスフォーラム大賞を受賞したニブロールとシンガポールの演出家オン・ケンセンとのコラボ作品『Asia Ai』、第49回岸田國士戯曲賞を受賞したチェルフィッチュ『三月の5日間』でのアメリカ、ヨーロッパ、アジア14カ国での海外ツアーなどに出演。2009年秋には同じくチェルフィッチュ『クーラー2』のヨーロッパツアー参加も決まっている。また、本企画で使用するヒノキ舞台が創作された日比野克彦アートプロジェクト『[But-a-I]』meets NODAにも企画当初から参加している。
俳優としての活動のほかアートプロデュースも行い、2009年3月にはYOKOHAMA創造界隈コンペ2008を受賞した『手のひらが横濱』を企画・開催するなど、演劇という枠にはまらないさまざまなアート分野に活動の場を拡げている。

「OPEN THEATRE MUSEUM」実施全体スケジュール
◆舞台使用・公演日程
*****************************
6月27日~30日 But-a-I]プレオープン   楽日初日WS
7月1日~7月5日 オープンイベントウィーク
7月6日~7月12日 「OPEN THEATRE MUSEUM#1」多摩美チーム
7月15日~7月19日「OPEN THEATRE MUSEUM#2」立教大学チーム(近藤良平プレゼンツ)
7月20日~7月29日「OPEN THEATRE MUSEUM#3」衣装・装置制作WS
7月30日~8月2日 「OPEN THEATRE MUSEUM#4」楽日初日(中日)多摩美・青学・藝大合同
8月3日~8月9日 「OPEN THEATRE MUSEUM#5」東京藝大3年生チーム
8月17日~8月23日「OPEN THEATRE MUSEUM#6」立教大学混合チーム(武田力プレゼンツ)
8月24日~8月30日「OPEN THEATRE MUSEUM#7」楽日初日(楽日)藝大・多摩美・青学・立教合同
8月31日~9月6日 「OPEN THEATRE MUSEUM#8」東京藝大4年生チーム
9月8日~9日         舞台解体工事


*** 東京芸術劇場前ヒノキ舞台での稽古開始 ***
8月17日(月曜日)      野外ヒノキ舞台での稽古を開始。
8月21日(金曜日)〜8月23日(日曜日)  本番  全3ステージ
※21日と22日は18:00開園予定。23日は15:30開園予定。
 

音楽祭2009

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2009年 1月13日(火)11時47分3秒
  今年も学生有志で音楽祭が開催されます。
と き 1月17日(土)
ところ 9号館中講堂

都合がつけば、どこかで顔を出して応援してあげてください。
ちなみに、前田ゼミは「手紙」と「アンパンマン」で勝負します。
(大丈夫かしら…)

◆音楽祭プログラム◆(時間はあくまで目安)
10:00  3年金子友維達バンド
10:25  4年渡辺さんバンド
10:50  4年小泉さんバンド
11:15  カズパッピバンド
11:40  大寿賀翔&柴田裕章
ー昼休みー
13:00  前田ゼミ
13:20  3男組体操
13:50  3年有志劇
14:40  藤田きなたちのダンス
15:00  松ゼミ
16:00  3年合唱
16:20  4年歌&ソーラン
16:40  閉会
 

クリスマスツリー点灯式

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2008年12月 2日(火)19時17分24秒
  クリスマスツリーの点灯式が、昨日ありました。周りに高いビルが増えて
きたのですが、立教のツリーはツリーとして、ホッとさせてくれる魅力が
あります。時代が変わり、学科も雰囲気が変わってきましたが、変わらな
いものがあると、不思議にホッとしますね。

ツリーが点灯しても、卒論必修最後の4年生は、必死になってPCに向か
っています。今年は例年になくスローペースで、チョー心配しています。
あの時は思い出したくないかも知れませんが、それも大切な大学時代の
1ページにしておいてください。

寒くなってきました。風邪に気をつけて、それぞれに自分のペースでが
んばってください。
ぜひぜひ母校のクリスマスツリーを見に来てください。
 

11期生掲示板

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2008年12月 2日(火)19時16分9秒
  玉生くん、カキコありがとうございます。レスが遅れてしまいましたが、そうですかか、寺さんもよかったですね。

ちなみに11期生の掲示板は、以下のところにさっくんが作ってくれました。
http://6612.teacup.com/kmaeda/bbs

みなさんにも、知らせてあげてください。よろしく。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:玉生  投稿日:2008年 7月27日(日)02時34分57秒
   前田先生、お久しぶりです。お元気ですか。
卒論などで大変お世話になりました玉生でございます。

 13期生の方、すいません、お邪魔します。
 今日実は、寺岡の結婚式がありまして、ふと学生時代が懐かしくなり、
ここにたどりつきました。音楽会もちゃんと続いているのですね!続いているどころか、
パワーアップしているようで安心しました。前田先生も側転など
披露なさっておられるのでしょうか。
 大学を卒業してまだ間もないつもりでいましたが、ふと気づけば、
教員生活も7年目に突入しています。立教時代の連中とはほとんど連絡を
とっていませんでしたが、久しぶりに話すといいものですね。
すっかり音楽会からも足が遠のいてしまっておりましたが、
次回はお邪魔したいと思います。
 「スナック前田」はつぶれているようで、さしつかえなければ、またこちらに
書き込みたいと思います。
 

近藤良平さんとあそぶ!

 投稿者:幻の門メール  投稿日:2008年 7月14日(月)21時41分2秒
  豊島こども大学の特別授業で、「近藤良平さんとあそぶ!」を行ないます。
自分の身体を発見する、ちょっと面白い企画です。

と き : 2008年7月21日(月)午後1時30分から
ところ : 立教池袋中学校高等学校 センテニアルホール

詳しくは以下のHPをご覧ください。

http://univ.rikkyo.ac.jp/event/2008/07/post-39.html
 

レンタル掲示板
/10