teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:76/123 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

バッハ「ヨハネ受難曲」演奏会ご案内

 投稿者:東京バロック・スコラーズメール  投稿日:2008年12月28日(日)16時12分50秒
  通報
  突然の書込み失礼いたします。
「21世紀のバッハ」をキャッチフレーズに、新しいバッハ演奏を目指して
活動している東京バロック・スコラーズが、09年3月8日(日)にバッハ
「ヨハネ受難曲」公演を開催いたします。
「バッハの受難曲は、どんなオペラよりもドラマチックだ。この中には、
オリジナル楽器や古楽唱法の限界を超えた表現力が内包されているが、同時に
バロックの様式感の中で作曲されている。」(三澤洋史)当団指揮者三澤洋史
のこのような理解に基づき、これまでに聴いたことのない、ドラマチックで
バロック的な「ヨハネ受難曲」をお聴かせできる事と思います。
当団は毎回演奏会とカップリングの講演会も開催しており、今回は09年1月
17日(土)に樋口隆一先生をお迎えして「ヨハネ受難曲の魅力」と題した
講演+三澤洋史との対談を予定しております。
コンサートのチケットを購入された方は無料で講演会も聴講いただけます。

   記
<バッハ「ヨハネ受難曲の魅力」>
■ 日時 09年1月17日(土)18時30分開演(18時開場)
■ 料金 全席自由 1,000円
     ※演奏会チケットをお持ちの方は、無料にて聴講いただけます。
■ 場所 国立オリンピック記念青少年総合センター
    (国際交流棟 国際会議室)
■ 講師 樋口隆一(明治学院大学教授、音楽学者、指揮者)

<バッハ「ヨハネ受難曲」>
■ 日時 09年3月8日(日)15時開演(14時15分開場)
     ※14時30分より三澤洋史によるレクチャー
■ 料金 全席指定 S席:4,500円 A席:3,500円 P席:1,000円
     ※演奏会チケットをお持ちの方は、講演会を無料にて聴講
      いただけます。
■ 場所 杉並公会堂大ホール

■ 指揮 三澤洋史
■ Solo 福音史家・テノール:畑儀文
     イエス:大森一英
     ソプラノ:藤崎美苗
     アルト:永島陽子
     バス:塩入功司
■ 合唱 東京バロック・スコラーズ
■ 管弦楽 東京バロック・スコラーズ・アンサンブル
      コンサート・ミストレス 藤田めぐみ

詳細は「東京バロック・スコーラズ」で検索いただけます。

http://misawa-de-bach.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:76/123 《前のページ | 次のページ》
/123