teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:70/123 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

“メサイア・イン・トリアー”世界合唱祭2009年7月開催のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2009年 3月16日(月)17時36分9秒
  通報
  突然の書き込みにて失礼いたします。

<ヘンデル没後250年記念>- 世界各国から450名のシンガーがドイツの古都トリアーに集結
◆“メサイア・イン・トリアー”世界合唱祭2009年7月開催のご案内◆

さて、毎年2月にヘンデルの生誕地ハレで開催される「ハッピー・バースデイ・ヘンデル」はメサイアを愛好する方々にはすっかりお馴染みになりました。
今年はヘンデル没後250年を記念し、この2月のハレでのメサイアに加え、7月に欧州各国・米・日本など10カ国から450名のシンガーをモーゼル河畔の古都トリアーに集め、アイルランドのプロインシアス・オードウィン氏の指揮の下、ライニッシュ・フィルハーモニー・オーケストラとともに『メサイア』を歌います。
ローマ時代の遺跡が今なお街のいたるところに残るトリアー滞在中、有名なローマ遺跡、「ポルタ・ニグラ(黒い門)」での交歓会、隣接するブルンネンホフでの”Choir Music from near and far”コンサート、1700年の歴史を誇るコンスタンティヌス・バジリカ(宮殿)でメサイア・コンサートが行われます。詳しくは、主催者の次のウエブサイトをご覧ください。
http://www.messiah-in-trier.de/index.php?Sing_Messiah

″メサイア・イン・トリアー〝の日本窓口となる当ジョイントコンサート国際委員会では日本からの参加枠30名を確保し、個人でも参加されやすいように参加ツアー(期間7月1日~8日)が組んであります。詳細は私どもの下記ウエブサイトでご覧いただけます。
http://www.jointconcert.com/
現在すでに10名ほどの参加申込が来ており、行事が近づくにつれ申し込が増えると思われますので、ご興味をお持ちの方はお早めにご検討のうえ、ご連絡ください。
Eメールあるいはファックスにて資料をご請求ください。(その際は送付先のお名前、ご住所をお知らせください)

なお、これまでに、メサイアを歌ったことがない、あるいはずいぶん前に歌って今は忘れてしまったという方々からの問い合わせもあるため、都内で5回の練習会を設定いたしました。練習会参加は義務ではありません。音とりなど心配な方はぜひご参加ください。
練習会日程(練習会場はすべて新宿文化センター第2会議室です)
① 4月18日(土)9:15~11:45
② 5月2日(土)13:15~16:45
③ 5月23日(土)9:15~11:45
④ 6月13日(土)18:15~21:45
⑤ 6月27日(土)18:15~21:45
指導者:中川遊子(メゾ・ソプラノ)
北海道北見市出身。北海道教育大学旭川校、同大学大学院を経て、東京藝術大学大学院修士課程声楽科修了。これまでに荻原珪子、杉江光、石田久大、萩原徳子、伊原直子、永井和子の各氏に師事。
第2回中田喜直記念コンクールにて大賞(第一位)受賞。2006年12月には、北見市民ホール自主文化事業『オホーツクの風土が生んだ音楽家シリーズ9』でソロリサイタルを開催した。宗教曲、歌曲、オペラ等に取り組むほか、1人1パート編成による声楽アンサンブル、Voxhumana(ヴォクスマーナ)のメンバーとして、同世代の若手作曲家による新作を初演し、「声」による新しい音楽創造の可能性を探求している。

それではお問い合わせをお待ちしております。

ジョイントコンサート国際委員会 事務局
事務局長 垣沼佳則
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
ファックス 03-3459-5805
 
 
》記事一覧表示

新着順:70/123 《前のページ | 次のページ》
/123